NFT稼ぎ方

【売上5倍UP】NFTクリエイターはDiscordをやるべき?【実体験をもとに解説する】

この記事は、たった 14 分で読めます。

悩む人
悩む人
・NFTアートの販売してるけど、Discordって始めた方がいいの?

・Discord運営して売上UPするの?

・Discordを始めたいんだけど、誰にお願いしたらいいの?

と悩んでいる方が増えています。

今回は、このようなお悩みを解決していきます。

本日の内容

・Discordってなに?

・Discord運営を始めて売上が5倍UP

・Discord依頼するならこの人!おすすめのDiscord運営者

こんにちはやまけんです。

この記事を書いているぼくは、

2ヶ月で累計10名のNFTアーティストをプロデュースに成功する事が出来ました。

NFT投資では、現在150万円以上の含み益を抱える事ができてます。

結論から解答します

まず、初めに今回のテーマである

【売上5倍UP】NFTクリエイターはDiscordをやるべき?の結論を解答します。

ぼくは、「NFTアートを本気で販売したいのであればDiscord運営はするべき」

だと思っています。

理由は、まず売上が5倍に伸びました!という事と

Discordは、企業のHPやサイトのようなものです。

売りたい商品があるのに対して、詳細やHPが無いなんて商品は無いはず。

しかも無料で始められます。今でもぼくは、完全無料で運営しています。

 

また、Discordがある事で、「うちは本気で商品を販売してますよ!」というアピール

にもなりますし「分からないことがあったら相談したいな!」ってときでも

チャットで「気軽に相談できる窓口」にもなるからです。

Discord運営で売上5倍UP

実際にぼくは、Discord運営して、NFTコレクションの売上が5倍に伸びました。

具体的には、Twitterで宣伝をし始めたタイミングでは、

0.05ETHの作品が2体までの予約でした。

しかし、Discord運営を始め8体までの先行予約へと繋げる事が出来ました。

日本円にすると(約30,000円→160,000円)ほどです。

この記事を書いているぼくは、

Discord運営者であるぼくの知見を通して

「Discordってなに?」って方でも簡単にわかるように解説していきます。

 

そもそも「NFTアートを描くだけでも、超忙しい」のに

「Discord運営までしないといけないの?」と思っているかと思います。

Discord初心者の人にとっては難しい話ですよね。

 

恥ずかしながら、実はぼくもそうでした・・・

というか、NFTプロジェクトに触れるまでDiscordすら触った事が無い初心者でした。

 

しかし、この記事を読み終われば

「Discordって凄い売上が目に見えて伸びるしお得だ!」

「Discord始めたい!」と思える内容で書きまとめています。

 

なので、この時点でDiscordを運営する魅力に気づけた方は、

ここだけの話ラッキーだと思います。

なぜならNFTクリエイターでDiscord運営されている方が

圧倒的に少ないので「差別化」もできちゃうからです!

 

では、なぜNFTクリエイターは、Discordをやるべきなのか?

ぼくの実体験をもとに解説して行きます。

Discordってなに?

まず、Discordについて簡単に解説します。

もともとは、「ゲームをする為の無料コミュニティー」です。

コミュニティーのサーバーに入れば、誰でも同じような仲間と繋がれます。

例えば、「モンハンDiscordチャンネル」なら

集まる日程や時間を決め時間通りに特定の仲間と共に

クエストへ出発できるなどとても便利なツールですよね。(連絡もしやすい)

 

NFTの場合だと「同じホルダー仲間がたくさんいるイメージ」です。

同じ意識を持つ仲間だからこそ、「NFT投資の相談」や「コレクション運営の相談」

ができたり、ホルダー限定で「特別なイベントに参加できる権利」を得ることができます。

(TheMafiaAnimalsを例にあげるとRii2さんとTOMOさんの対談など)

 

このようにDiscordへ参加する事に特別な価値が得られます。

なので「NFTアートを手に入れて組織の一員になりたい」という風に

価値を感じる事もできるのが「Discord」です。

 

つまり、Discordを始める事で

アート以上の付加価値を付ける事が出来るというわけです。

Discordはメルマガと同じ

Discordの構想は、メルマガと似ています。

ぼくは、ほぼ同じと捉えてます。

メルマガって?

メルマガとは、メールアドレスを登録する事で、

習慣的に配信者からメールが届くサービスの事。

メルマガの構造

①:集客(SNSで発信してメルマガに無料で登録してもらう)

②:教育(ノウハウを教える)

③:販売(noteやBrainのノウハウ商品が売れる)

メルマガの構造は、上記の通りです。

 

では、NFTならどうでしょうか?

NFTの構造

①:集客(SNSで発信して無料でDiscordに参加)

②:熱狂(充実、期待感、投資意欲)

③:販売(NFTアートが売れる)

NFTの場合は、上記の流れです。

メルマガで解説した①集客→②教育→③販売の流れと

ほとんど同じだという事が分かるかと思います。

 

この方法で実際にぼくは、NFTが売れるようになったので、上手く運用を活用すれば

価値あるNFTアートを更に磨けるし、作品がより手もとに欲しくなるものです。

 

しかし、NFT市場でのDiscordは、まだまだ狭いです。

今後のコミュニティーとしてトレンドとなって行きそうです。

安心して作品を買ってもらえる

「人が商品を販売する時に最も輝く瞬間」とは、どんな瞬間をイメージしますか?

「自分で自分の作品を宣伝する!」というかと思いますが、実は違います。

 

自分が最も輝く瞬間とは、他人に自分を紹介してもらう事です。

理由は、自分の商品とは話を盛ろうと思えば幾らでも盛れると思います。

しかし、他者の意見でNFT界で有名な〇〇さんが高評価レビューをしてくれたら

全く知らない商品でも価値を感じ欲しくなる経験があるかと思います。

 

実際にCoolGirlNFTは、イケハヤさんが1ヶ月アイコンにしていたからこそ

飛躍的に伸びた経緯が確かにあります。

 

他にもBenit0 RTFKTさんが

日本国内のコレクションを買うと海外にも広まりコレクションが

飛び抜けて売れるようになっている作品も見て来ました。

 

ぼくの場合は?というと実際にDiscordの盛り上がりや

ぼく自身を紹介してくださった事によって、新規でDiscordへ入ってくれた方と

信頼関係を構築がスムーズに進み、予約を更に頂けるようになりました。

ホルダーの方が応援してくれる

また、更に嬉しい事に「ホルダーの方がTwitterでぼくのコレクションを宣伝してくれました。」

つまり、相手にGiveを与え続けていれば

自然とあなたの魅力は自然と拡散されて行くという事です。

「報酬を受け取るだけのTakerになってはいけません。」

 

なので、あなたの作品を拡散されたいのであれば

「常に相手に情報や価値を無償で与え続ける心が大事です。」

Giverとして他人に価値を提供できていないのであれば、

「GIVE&TAKE」を一度読んでみる事をおすすめします。

ここで1番大事な事は、「ぼくは、すごいぞ!」と

自分で自分の評価や主張をするのでは無く

「他人に自分を評価をしてもらう事が最も効果的な宣伝」になるという事です。

おかげさまで朝の宣伝をしなくなった

ハラぺーさんのCute Pigsのように盛り上がっているサーバーであれば

毎朝の宣伝活動をしなくてもいいと思いませんか?


実際にぼくも、1ヶ月くらい朝の宣伝活動をしていません。

ですが、なんと8作まで予約を頂く事ができました。

流入源は、なんとDiscord運用のみです。

 

朝の宣伝枠で挨拶をするのは、正直毎朝大変だし

ツイートした内容は、残念ながら流れている状態です。

 

ですが、Discordならどうでしょうか?

流れるどころかログとして永久に残されるので

いつでも過去の内容を閲覧する事が簡単に出来ます。

 

芽が出ないうちは、毎日営業をする事はもちろん大事です。

しかし、営業をしなくても作品が自然と売れるような仕組み作りへと

シフトして行けば「コレクション運営が今よりも、もっと楽になるかと思います。」

参考にしたい!Discordチャンネル

実際に盛り上がっているDiscord運営について紹介します。

ぼくは、「NFTコレクションの一員になりたい!」

「クリエイターの将来が楽しみで応援したい!」

「投資として期待している!」という気持ちが出た上でNFTアートを買っています。

運営者としてきちっとしていて尊敬しているし、ユーモアを感じた方を紹介します。

GEMDEVIL

GEMDEVIL

・クスっと笑えるキャラ要素がある

・失敗は隠さずきちんと説明する

・参加者との距離感が近い

上記の通りです。

クスっと笑えるキャラ要素がある

Discord内に放たれた言葉の合図で

突然ゲリラガチャがスタートです。

参加された方は、引けた!子供と楽しみにして引くのを待ちますと言う声も・・・

もはや、NFT投資で稼げる事以前に楽しすぎてこの時点でファンになっています。

失敗は隠さずきちんと説明する

Discord日本人の参加者向けに用意されたガチャシステムが

「直接コントラクトを操作し、1人で全て回されてしまうという事件」が起きました。

 

しかし、事件に対し迅速な対応で、次回の改善策をさっそく参加者に見せています。

失敗を隠さない事や対応の早さには、圧巻しました。

Discordは、チャットで連絡する為

人間的な部分が明確に見えます。

 

GEMDEVILさんとより濃い関係になりたいなという事から、

ぼくは更に応援の気持ちが高まり、NFTコレクションを4枚購入です。

参加者との距離感が近い

ジェネラティブとなれば、距離はとても遠いです。

しかし、GEMDEVILさんは自ら参加者に会話に歩みよる事で距離を

縮めています。距離を縮めるほどお互いの思考までよく見えてきて

「いい人」という事が認識し、より応援したくなるものです。

それだけ、Discordとは人の動きがよく見えるツールであるという事です。

プロジェクトのロードマップが明確で無くとも、人間的な価値に心を打たれて

作品を購入することがあるという事実をお伝えします。

Discord運営を依頼するなら

これまでのページを読んで「Discordがいいのは、分かった!」

だけど、Discord初心者だし運営の仕方がイメージが付かないよ・・・

となっているかと思います。

 

そこで、「Discordの運営」「Botを入れる」事に長けている方を紹介します。

ぼくのDiscord運営も9割ほど構成してもらいました。

ガリバーさん

普段から、ぼくはDiscord運営においてガリバーさんにお世話になってます。

入れて欲しいBotにもいち早く対応して下さるので、いつも助かってます。

 

ブログで例えるならデザイン設計を担当

具体的には、「ページの見やすさ」「分かりやすさや」「使いやすさ」

を上手く調節して下さりガリバーさんの技術があってこその

運営が出来ていると思っています。

 

プログラミングを用いたコード入力するような作業があり

クリエイターには、苦手な作業でも気軽に受け入れて下さります。

依頼はこちら

「Discord運営を手伝います!」と本人自ら募集をされているみたいなので、

今のうちにお声かけしてみるといいかと思います。

その際は、「やまけんの紹介で来ました」と言ってもらってOKです。

まとめ:Discordを運営すると販売が伸びる

さいごに要点をまとめておわります。

①:誰でも無料で始められる

②:売り上げが伸ばせる(始めた結果5倍に伸びました)

③:Discordが盛り上がると作品が拡散されやすい

こんな感じです。

Discordを触ること自体は、ブログのように直感的にカスタマイズができるので

そんなに難しくもないです。

 

また、SNSとは違った濃い関係性をファンと交流する事ができるので

本当のファンが目に見えて運営していて楽しく思います。

 

「Discordを始めようかな?」

と悩んだ時は、この記事を振り返って読んでみて下さい。

今回は、以上となります。

お疲れ様でした。

ABOUT ME
yamaken
月間5,000PV|家族と学ぶお金の勉強「http://yamadakensukeblog.com」運営中|新しい時代にワクワクしNFTへ挑戦|NFT投資|NFT販売|Game-Fiを経験。Web3.0に興味があるけど「何からすればわからない」今、話題のNFTを小学生でも分かるように解説します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA