暗号通貨始め方

仮想通貨 Astar Network(ASTR)とは?【初心者でも簡単に買えます】

この記事は、たった 10 分で読めます。

悩む人
悩む人

・Astar Network(ASTR)なに?

・なんで注目されているの?

・ASTRの買い方まで教えて

今回は、このようなお悩みを解決していきます。

本日の内容

・Astar Network(ASTR)とは?

・Astar Networkの今後の可能性

・ASTR(仮想通貨)買い方

こんにちはやまけんです。

この記事を書いているぼくは、

2ヶ月で累計10名のNFTアーティストをプロデュースに成功する事が出来たり

NFT投資では、150万円以上の含み益を抱える事もできました。

今回は、初心者の方でも仮想通貨「Astar Network(ASTR)」が理解できるように

分かりやすく簡単に解説していきます。

「Total value locked(TVL)」は、

DeFi(分散型金融)に預けられた暗号資産の総額の事です。

Astar Network(ASTR)をひとことで言うと?

Astar Network(ASTR)は日本人が携わる数少ないプロジェクトです。

渡辺創太」が代表を務めるStakeTechnologies社が中心となって、

Astar Network(ASTR)の開発が行われています。

StakeTechnologies社は、シンガポールに拠点を移していますが、

日本人が関わっている注目のプロジェクトです。

 

日本発ブロックチェーン技術はさまざまありますが、

ここまで世界から支援されているプロジェクトは過去にはありませんでした。

そこで、ASTRは、「ポルカドットという仮想通貨を支える縁の下の力持ち」です。

なので、ポルカドットと一心同体ともいえます。

ポルカドットって?

元イーサリアムの開発者が「Web3.0を実現するため」に作った仮想通貨です。

「web3.0財団」という組織によって開発や運営が行われるブロックチェーンでもあり

「リレーチェーン」と複数の「パラチェーン」を持つようにできています。

 

「リレーチェーン?」「パラチェーン?」となっていると思うので

次のページで詳しく解説します。

リレチェーンって?

ASTRとは、「ポルカドットの基盤」となるチェーンです。

また、ポルカドットの「セキュリティー保持」の役割を持ちます。

パラチェーンって?

①:最大100個まで存在

②:リレーチェーンに接続できる異なるチェーン

③:Astar Networkは、パラチェーンに分類

Asterは、ポルカドットのリレチェーンの中に含まれる「パラチェーン」です。

ひとことで言えば、USJの中にある「スパイダーマン」という認識でOKです。

 

なので、「ポルカドットの値段が上がれば、アスターネットワークの価値も上がるし

アスターネットワークの価値が上がれば、ポルカドットの価値も上がるという

1石2鳥のシステムだとという事です。

パラチェーンの選考ってどうやって決まるの?

パラチェーンは、どこのチェーンでも気軽に参加できるわけでは、ありません。

「パラチェーンオークション」というイベントがあり

仮想通貨ポルカドットを投票権として使用し、人気度によりパラチェーンが決定します。

 

「450億円分の支持を集め世界3番目のパラチェーン」として権利を獲得したのが

Astar Networkというわけです。

しかも、「Web3.0財団から7回も助成金」を受けることができています。

Web3.0財団ってなに?

Wec3.0財団とは、ポルカドットを強化してくれる

プロジェクトに助成金を支払う財団です。

 

「仮想通貨の性能だけでなく、有力なDppsか?仮想通貨の性能」

などの条件が必要です。(後ほどDappsについて簡単に解説します)

 

先ほども解説した通り、Astar Networkは、

助成金をweb3.0財団から7回も受け取っていますし

その他にも個人投資家や企業が投資をしています。

 

具体的には、次のとおりです。

①:キャビン・ウッド博士(ポルカドット開発者)

②:仮想通貨の取引所世界一のBinnacle

③:FTXとして有望のアラメダリサーチ

なので、web3.0財団や、仮想通貨取引所から最も高く評価されており

最も注目されているプロジェクトと言う事です。

Dappsの開発に成功(分散型アプリケーション)

ところでDappsってなに?

特徴 通常のアプリ(web2.0) Dapps(Web3.0)
耐久性 人間が管理。
稼働できない時間がある
常に稼働、分散管理
透明性 開発者が管理 誰でも調べる事が可能
検閲 中央管理者 ユーザーの合意形成

分散型のアプリケーションの代表例を紹介します。

・Uniswap

・SushiSwap

・Pancake Swap

・Curve Swap

上記の通りです。

Astar Networkは、バイナンスマートチェーンやアバランチの仕組みを

参考に開発する事に成功しました。

dApp Stakingがすごい

dApp Stakingと言って

$Astarをステーキングするとブロック報酬がもらえます。

ステーキング:仮想通貨を預けるという事

ブロック報酬:トランザクション(取引履歴)をマイニング(作成)すること。

ブロック報酬とは、トランザクションの取引履歴を作成する事で得られる報酬の事です。

BTCで言うとビットコインマイニングみたいな感じでOK。

 

つまり、利用者は、取引履歴のデータに協力するから仮想通貨が配布されるという事です。

ホワイトリストを通過した有望なdAppsはロードマップ通りにAstarに貢献していくことで

永続的にこのブロック報酬を受け取ることができます!

ブロック報酬のうち50%がdApp Satkingに割り当てられます。

報酬はdAppsとステーキング参加者で25:25配分されます。

報酬は、どこに入れても変わりません。

応援したい所に入れるといいですよ。

ASTRの将来性どうなるの?

①:キャビン・ウッド博士やweb3.0財団から支援

②:アラメダリサーチやバイナンスの資金提供

③:上記の判断から、個人で投資する人が集まる事も予測できます。

上記の通りです。

また、Twitterスペースにて

はやっちさんによると、今後「Asterは、いろんな知名度の高い所が参入してきて更に盛り上がる!」と熱いコメントされていました。

Aster Catsは、NFTを貸すことで不労所得が得られるシステムが

できるので今後更に楽しみですね!

NFTを貸すと不労所得が得られる!?

Dappsを利用して実際にぼくは、「Pancake Swap」というDEX(分散型)取引所で

仮想通貨を貸し出して、「1日700円」くらいの利益が自動で出ています。

NFTとか単なる画像でしょ?

NFTとは、単なる画像だけの概念で止まっていました。

・「金銭的な価値がなく、担保として仮想通貨を借りる事もできない」

・「NFTとは、ただの一過性に過ぎない」

・「SNSアイコンとして使えるPFPだ!」

こんな感じです。

NFTは、これまでにいろいろ言いたい放題されて来たわけです。

 

しかし、Asterでは、NFTが貸し出せるサービスが実装されます。

NFTステーキングといえば、「NFTX」が代表的でしたが

残念ながら今では、ステーキング機能がなくなっています。

 

ArthSwapなら「AsterCatsなどNFTをステーキング(貸し出し)をして

不労所得を得る事が可能です。」

NFTとして、これまでに無かったサービスが実装され

「金融的価値が付いている事もポイントです!」

tofuNFTで買ったAster Networkに対応している

Astar DegensもNFTステーキングができます。

【NFT所有するだけ】NFTステーキングで4つの不労所得を手に入れよう【Astar Degens】 今回は、このようなお悩みを解決していきます。 この記事を書いた人:やまけん ▼実績 ・Twit...

ASTR(仮想通貨)買い方

ここまでで、Astarの事がほとんど分かったかと思います。

ここでは、そんなAstarの買い方についていよいよ解説します。

 

ちなみに「Astarは、国内取引所では、買うことができません。」

海外の取引所で購入する必要があります。

 

上記の通りです。

海外の取引所には、「BYBIT 」「KUCOIN」などありますが、

代表的には、仮想通貨取引所世界一の「Binance」がアプリにも対応しているので

使いやすくて安心です。

こちらのリンクからであれば、販売手数料引きで取引をする事ができます。

まとめ:Astar Network(ASTR)

さいごにまとめて終わります

①:Web3.0の実現する事を掲げる仮想通貨

②:ポルカドット創業者+Web3.0財団+Binanceから支援されている

③:NFTステーキング(不労所得)にも注目

こんな感じです。

Astar Network(ASTR)の市場は、まだ出たばかりです。

この出始めたばかりの芽に、種をまいておくといいと思います。

 

Astarの仕組みや知識が身に付きましたね!

少額でいいので買ってみましょう。

理由は、「仮想通貨全体の値動き」だったり「Astar Network(ASTR)」

についての勉強になるからです。

 

買うからこそ、調べて学ぶものがあるし、

仮想通貨のニュースが出た時に理解がしやすくなるので勉強代として

捉えてみましょう。

何度も言いますが、まずは勉強として、「1万円程度の少額でOKです。」

 

また、買ったAsterでステーキング(不労所得)が得られるので

買った後も楽しむ事ができちゃいます。

では、こんな感じです。

Astar Network(ASTR)ってなんだっけ?と悩んだ時は、

この記事を振り返って読んでみて下さい。

今回は、以上となります。

お疲れ様でした。

ABOUT ME
yamaken
月間5,000PV|家族と学ぶお金の勉強「http://yamadakensukeblog.com」運営中|新しい時代にワクワクしNFTへ挑戦|NFT投資|NFT販売|Game-Fiを経験。Web3.0に興味があるけど「何からすればわからない」今、話題のNFTを小学生でも分かるように解説します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA